古くからお付き合いがある友人のご馳走で、ランチを一緒にすることになりました。
会うのは久しぶりです。
私、ちょっと違ったものを感じてしまいました。
それまでの友人とは、なにかが違っていました。
とても明るく、穏やかな雰囲気が漂っていました。
「何か変わっちゃったね」
「そう?(笑)」
なんというか、心にゆとりがあるような、そんな雰囲気でした。
「良いことでもあったんでしょう」
「わかる?」
「だって全然、雰囲気違うし」
「かなり良いことがね!」
「なに、教えてよ」
「実はね、パパ活に成功したの」
「う、嘘でしょ、食事パパ見つけたの?」
「うん、本当にデート・パパを発見した」

友人の満面の笑みに、言っていることが本当なんだと思いました。
借金を返済するためにも、気楽なデートだけのお仕事を探したいと思っていました。
ただ、その出会いの方法がわからなく行動できていませんでした。
でも、友人がパパ募集の方法を知っています。
自分まで明るい気持ちになっていくのを感じました。
「あの実は…」
私は購入することが癖になり、大きな借金を作ってしまった話をしたのです。
どうしても私にもパパが欲しい、パパの作り方が知りたいと伝えました。
「なおさら、パパは必要だね。詳しく教えてあげるよ」
快諾してくれました。
その日のランチタイムは、とても濃厚なものになりました。
友人は、ネットの危険性も含めて教えてくれました。
「絶対に利用しないほうがいいものは、無料の掲示板。パパ募集掲示板とかあるけど、非道い利用者しかいないから使わないほうがいいの」
彼女は無料の掲示板を使った経験があったようです。
その経験から、無料掲示板はとても出会いを探せないと言ってきました。
誰かが管理しているわけでもない、無料の掲示板はヤリ目と詐欺の巣窟状態だと説明されました。

 

女性は完全無料定番アプリ男性だけ有料
パパ活アプリBEST5
パパ活の成功者に教わったアプリ